1. TOP
  2. 病院紹介
  3. 概況・沿革

概況・沿革

概況

名称 JR九州病院
病院長 林田 一洋(はやしだ かずひろ)
所在地 〒800-0031 福岡県北九州市門司区高田2丁目1番1号
敷地面積 11,588.74m2
経営主体 九州旅客鉄道株式会社
許可病床数 236床
  • 一般病床:158床
  • 地域包括ケア病床:60床
  • 医療療養病床:18床
診療科目 内科、循環器内科、消化器内科、リウマチ科、糖尿病内科、肝臓内科、血液内科、神経内科、呼吸器内科、外科、整形外科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、臨床検査科、病理診断科、放射線科、麻酔科 (センター)消化器センター、外来化学療法室
(その他)リハビリテーション、人間ドック、乳がん検診
外来患者数 306.4人/日(平成28年度)(内科66.6人、循環器内科17.4人、消化器内科27.1人、外科34.8人、整形外科90.0人、眼科15.9人、泌尿器科11.8人、婦人科7.6人、耳鼻咽喉科14.6人、放射線科20.3人)
入院患者数 166.2人/日(平成28年度)(一般病床101.3人、地域包括ケア病床37.2人、医療療養病床27.6人)
手術件数 760件/年(平成28年度)(外科231件、整形外科415件、眼科42件、泌尿器科32件、婦人科40件)
取扱保険 保険医療機関、労災保険法、身体障害者福祉法、 生活保護法、原爆被爆者一般疾病
認定等
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
  • 日本消化器病学会認定教育施設
  • 日本リウマチ学会認定教育施設
  • 日本糖尿病学会認定教育施設Ⅱ
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度関連施設
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本眼科学会専門医制度研修施設
  • 日本がん治療認定研修施設
  • 日本乳癌学会関連施設
  • 日本病理学会研修登録施設
  • 医療被ばく低減施設第31号
  • 肺がん検診精密検査実施医療機関
  • 肺がん検診再精密検査実施医療機関
  • 肝臓がん検診精密検査実施医療機関
  • 肝臓がん検診再精密検査実施医療機関
  • 胃がん検診精密検査実施医療機関
  • 乳がん検診精密検査実施医療機関
  • 乳がん検診検査実施医療機関
  • 前立腺がん検診精密検査実施医療機関
  • 大腸がん検診精密検査実施医療機関
  • 北九州市第二次救急医療応需病院
  • 福岡県肝疾患専門医療機関

沿革

年月日 概要
大正6年6月1日 門司鉄道病院開院(門司市清滝町)
昭和30年8月22日 新病院第1期工事竣工(現在地)(病床数156床)
昭和31年12月20日 第2期工事完成(東病棟)(病床数260床)
昭和36年12月23日 第3期工事完成(西病棟)(病床数410床)
昭和40年9月1日 看護婦養成所を門司鉄道病院高等看護学園に名称変更
昭和43年2月14日 総合病院の名称の使用承認(厚生省収医第43号)
昭和57年7月1日 一般開放(療養取扱機関申出受理)(国保第217号)
昭和58年3月31日 門司鉄道病院高等看護学園廃止
昭和62年4月1日 九州旅客鉄道株式会社 門司鉄道病院となる
平成元年6月1日 九州旅客鉄道株式会社 JR九州病院に名称変更
平成3年3月31日 保健管理部廃止
平成5年4月1日 循環器専門医師招聘
平成6年4月1日 本館病棟増改築工事完成(稼動病床数139→179床)
眼科医の常勤化
泌尿器科医の常勤化
平成6年6月1日 手術室新設(BCR室完備)
平成7年4月1日 看護婦寄宿舎「しらゆり寮」撤去(駐車場78台、表玄関54台)
平成11年5月1日 療養型病床群一部導入
平成12年3月27日 新病棟(東館)にて診療開始
平成12年4月1日 稼動病床数 265床
【西館】一般病棟:2病棟113床
【東館】一般病棟:1病棟51床
療養病棟:2病棟101床うち介護病棟1病棟50床
平成14年6月1日 病棟構成変更
【東館】療養病棟:3病棟152床うち介護病棟1病棟50床
平成15年10月1日 病棟構成変更
【東館】療養病棟:3病棟152床うち介護病棟2病棟101床
平成16年2月1日 循環器内科標榜
平成18年3月27日 新西館一部供用開始(一般病棟の一部・手術室)
平成19年3月19日 新西館全面使用開始
平成19年10月1日 神経内科標榜
平成19年11月1日 64列マルチスライスCT稼働
平成20年3月31日 歯科廃止
平成20年4月1日 病棟構成変更
【東館】療養病棟:3病棟152床うち介護51床
リウマチ科標榜
平成20年8月1日 病棟構成変更
【東館】医療療養病棟:2病棟101床(介護病棟廃止)
オーダリングシステム・フィルムレスシステム稼働
平成20年12月1日 電子カルテシステム稼働
平成21年4月1日 病棟構成変更
【東館】一般病棟:1病棟51床、療養病棟:2病棟101床
平成21年6月1日 病棟構成変更
【東館】一般病棟:1病棟51床うち亜急性期病床16床、療養病棟:2病棟101床
消化器内科標榜
消化器センター開設
平成21年10月1日 婦人科標榜
平成22年4月1日 DPC対象病院指定
平成24年4月1日 1.5テスラMRI稼動
平成24年6月1日 肝臓内科標榜
平成24年11月1日 腹部アンギオ装置稼動
平成25年4月1日 外来化学療法室(西館4階病棟)に開設
平成25年4月1日 臨床工学室(西館4階病棟)に開設
平成25年4月1日 超音波内視鏡導入
平成26年4月1日 血液内科標榜
平成26年8月1日 桜ネット(インターネットを用いた検査予約システム)の開始
平成26年10月1日 病棟構成変更
【東館】一般病棟:1病棟51床、地域包括ケア病棟:1病棟51床、療養病棟:1病棟50床
平成26年10月1日 X線透視装置の更新・使用開始
平成27年4月1日 病理診断科開設
平成27年9月1日 病棟構成変更
【東館】一般病棟:1病棟45床、地域包括ケア病棟:1病棟46床、療養病棟:1病棟50床
平成28年7月1日 糖尿病内科標榜
平成29年10月1日 病棟構成変更
【東館】一般病棟:1病棟45床、地域包括ケア病棟:1病棟60床、療養病棟:1病棟18床